「ほっ」と。キャンペーン

田舎暮らし*思い出のアルバム
by mf
てをつなごう予備校生
この画像↓は『てをつなごう だいさくせん03』より 戴きました。クリックすると大きくなります。
d0107834_1442340.jpg



予備校生になったお子さんをお持ちの皆さん 私の体験を お話しします。

文が長くなるので、興味が無い方はどうぞスルーしてください。



d0107834_22282660.gif



予備校生になったお子さんをお持ちの皆さんへ

予備校生になったばかりのお子さんをお母さんが見ていらっしゃるのかな… と思い、私の経験(主に失敗談)をお話をさせて頂こうと思いました。

これは経験した人でなければ解らないですよね。
私もこの時期に息子を予備校に入れて、さて本当にどうしたものか???と悩んだ毎日だったのです。
みなさんの御心中お察し申し上げます。

予備校に入れたは良いが一年後の結果が見えないというのは何しろとても不安で、親も子も落ち着かない毎日でした。

予備校に通うことになった御本人の気持ちはとても複雑でしょうし、当然ながらかなり傷ついている筈……
でも、の今だから話し合っておかなければならないことがあります。
(つまり、辛く厳しい話です。しかし秋から冬の受験が迫った頃には逆効果なので厳禁です。)


d0107834_22282660.gif


拙宅で長男の大学受験は数年前の事になります。

第一子で親も子も初めてのこと、何もかも判らないことだらけでした。

落ちた後になって色々と判ってくると、あの時こうすれば良かったのかも…とか反省しきりでした。

大学受験は私自身も経験があることでしたが、やはり30年も経ってると流石に時代が違います。
進路のことは本人と学校の先生任せにせず、もっと親が話を聞いたり手伝ったりすれば良かったのかも…と後から猛反省。
近年はネットで大学受験のことを色々と調べたり出来るのですが、実際はその情報があまり頼りにならなかったと感じました。


しかし3月の今、すべきことは?
どうして希望した大学に行けなかったのか? 何故落ちたのか? つらい現実に正面から向き合って、原因をハッキリさせなければ前に進めないわけです。
それをするのに一番良いのが 今の時期です。これから頑張れば大丈夫だと思えるだけの時間があるからです。
私と息子は 3月下旬に予備校に入ってからゴールデンウィークを過ぎる頃まで 落ちた原因を何度も話し合いました。

息子にしてみれば、高3の秋に受けた模試でA判定だったことが強く印象に残っていたらしく、きっと合格すると思って受験して落ちたことが余程ショックだったのでしょう。
発表の後、暫くは 前年度受験して合格した先輩は同じくらいのレベルだったのに…と悔しがっていました。

しかし毎年社会状況が変化していることや大学の試験傾向も変化し、去年だったら合格した筈の人が落ちたりすることも多々あります。
不況が深刻化すると私大から国公立大に志望校を変える受験生が増える傾向が強まります。
更に、経済的理由から現役合格することを第一にしてより安全圏の大学を受ける人も増えるのです。

大震災の影響、消費増税、日本経済が一層冷え込みそうな気配、志望校を決めるのは早い方が良いけれど、直前になって変えることは色々と不利になります。
また、同じ大学の学部でも、科の仕組みやクラス分け、人数や傾向は年度によって微妙に変化しています。
当然ですが、合格水準等も変動します。本当に様々なのです。
その辺りは予備校の先生と相談して緩めに決めておいた方が良いかもしれません。

予備校の指導体制にもよりますが、二次対策を早めに始め、当然しっかりやっておくことも大切。
センターで多少失敗しても二次で挽回可能です。
むしろ、大学に入ってからの専門性を重視して二次対策の方を大きな柱にすえる方が将来的に役に立つと思われます。

拙宅の息子が通っていた予備校は 地元密着型の比較的小さい予備校だったので、高校のような教室に担任の先生もいて個々の生徒によくケアが行き届き、その点とても良かったと思います。

大手予備校ではクラスの人数が多すぎて、一人ひとりに手厚い指導が行き渡らないことが難点でしょう。
予備校という所は 高校と違って授業をサボっても先生が怒ったり叱ったりしません。
本人がやる気を失くしたら、もうそれでドロップアウトする危険もあるのです。
一生懸命やっていてもなかなか結果が出ないと、誰でもやる気が出なくなるものです。
そういう時、やっぱり仲間が声を掛けてくれると「授業を受けようかなー」と思うらしいです。

私が心がけたのは 仲間と一緒に食べるランチタイムを いかに楽しく充実させるか!でした。
身体に栄養も大切ですが、心の栄養も(笑)
なるべくランチタイムが気分転換とか息抜きとして 楽しみになるよう 気を遣ってお弁当を作っていました。

季節感を強調したり、友達とワイワイ食べられるようサンドイッチを多めに小さく切って作ったり、
出来るだけ予備校の中で自習に励むよう、空き時間おやつに食べられるものも持たせたり、
時には自炊している友達の分も作ったり・・・・・(笑)

そうして、いつの間にか息子と中学時代からの友達の輪が広がっていった感じでした。
そんな一緒に頑張れる仲間ができて 良い結果を得ることが出来たのかもしれません。

また、結果が違っていても 苦しい時を一緒に過ごした仲間が出来たことはきっと良い思い出になったと思います。(社会人になっても当時の仲間と会っているようです……笑)


d0107834_22282660.gif


改めて今、この時期に 言えることは ありきたりだけど
 「コツコツと地道に勉強して頑張りましょう。」 それに尽きます。

英語が苦手なら 毎日20は単語を覚えるとか、着実にやっていきましょう。

実はウチの息子も最初は嫌がってやりませんでした。(苦笑)
センター英語で失敗して落ちたと解っているくせに、またコツコツ単語を覚えるところからやるのは嫌だと避けていました。
でも、面倒くさいとか苦手だからやらない、では済まされないだと思って、「そんな態度ではまた落ちるよ!」とキッパリ言ってやりました。
また落ちるなんて絶対言われたくない言葉を言われて息子は泣いてました。)

息子にだけ「勉強やれ!やれ!」と言うのはどうなんだろ?と思ったので、私も予備校で出される英単語のプリントを学習することにしました。
英単語専用の小さなノートを買って来て、丁寧に単語を書き写し、重要な単語は色で分けたり・・・・(笑)
そういうオカンの猛プッシュをとても嫌がっていた息子ですが、最後は観念して単語プリントをやるようになりました。

コツコツと地道に努力して、基礎力を十二分につけて夏を越え、模試三昧の秋を過ぎ、センター試験の冬を耐え忍び、春にサクラサク。

親はそれを 傍で応援してやるしかないんだと思います。

頑張れ!予備校生&お母さん!

d0107834_22282660.gif

[PR]
by mFramboise | 2016-03-15 09:19 | 兄さん | Comments(4)
Commented by はるこ at 2012-04-17 21:43 x
なるほど、、、、
予備校生の心理をちゃんと握ってられる、、、
そして、手遅れにならないうちに自分で積極的に働きかける、、
これが出来るお母さんが、世の中に何人いらっしゃるでしょう、、
ほんとに立派!!
Commented by mFramboise at 2012-04-19 17:41
●はるこ様 いえいえ・・・・ちっとも立派じゃないんです。本当に立派だったら現役で合格させた筈。貴女の優秀な姪御さんのように・・・・ね。
私って失敗ばかりのダメ母です。ホントに彡( ̄- ̄彡)
だからこそ、こういう失敗談が書けるわけです。ハイ・・・・・(-_-;A
Commented by チョッパー改めフランキー at 2012-04-19 18:19 x
やはりこれは経験しないと分かりませんよね…。
僕も経験者なのでわかります。
経験して思ったのが、やはり友達は大事だなということです。
一人でやるとどこかで詰まったりすると思います。
一人で約一年もの間勉強するのは余程の信念(?)がなければ厳しいでしょう。
友達といれば気も紛れますし、楽しいし、他の子が勉強していれば自分もやりますから。
Commented by mFramboise at 2012-04-19 21:01
●チョッパー改めフランキー様 コメントありがとうございます。
一年はあっという間でしたねぇ。そういう私も経験者。
まぁ、経験しなくてもイイことだったけど、終わってみて良い経験だったな…と思います。
確かに友達って大事ですね。
私のような年になっても高校時代の友達に会うと気持ちは高校生に戻ってそれはそれは楽しくなるんですもの^^
<< 端午の節句 私が飼っていた猫たち >>


最新のコメント
●kadokurahan..
by mFramboise at 17:25
mFramboiseさま..
by kadokurahana at 13:42
●chiblits様 よ..
by mFramboise at 18:01
うわ〜 すっかり忘れてい..
by chiblits at 12:39
●うさぎ年様 え?CMの..
by mFramboise at 11:14
CMの鬼ちゃんって…菅田..
by うさぎ年 at 17:41
お気に入りブログ
じぶん日記
今夜もeat it
いっぽ にほ さんぽ
陶芸ブログ・さるのやきもの
知識の泉 Haru’s ...
食卓から愛をこめて
器・UTSUWA&陶芸blog
マレエモンテの日々
さつえいだ!チャーリー!
OKANの素
ろんどんらいふ
西川治の絵日記
丁子色
小豆生活
工房 「一閑」 気まま通信
大城美加 パリのお菓子レッスン
余宮隆
はなももの別館
紫山のごはん会
ハニログ!
ハレクラニな毎日Ⅱ
駅風呂やめました本舗
和のお菓子作り
花と野菜と器たち
桃青窯696
ヤマザキマリ・Seque...
知りたがりやの食べたがりや
レイコさんの鹿児島スケッチ
ゆるり・ふわり
コトコト日記
専業主婦の愚痴話
+ mellow-stu...
円山ステッチ*佐野明子のブログ
cafeごはん。ときどきおやつ
 songs from ...
azukki的.
ややコロ日記
津軽ジェンヌのcafe日記
ノータイトル。
うひひなまいにち
Day by Day
natural色の生活~...
パンでできたドア
かぼすちゃんとおさんぽ。
お菓子教室コンフォタブル...
小豆生活 Ⅱ
ねこやなぎ
これが昭和のお弁当!!
ちぎりパン 日本一簡単な...
アクデニズ。
ぬま食堂
ぴきょログ~軽井沢でぐー...
ひとりぼっちランチ
ベジタリアンミットゥンと...
グルグルつばめ食堂
my story***
みどりの丘日記
ゆるゆると・・・
sobu 2
chef shinの日々
●●●Blueberry...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
日曜学校「新月堂」
お弁当と春の空
美味しいものいっぱい
アトリエイリスの庭
小さな幸せ 田舎暮らし ...
ほぼ独り暮らしの日々。 ...
WITH LATTICE
陶芸修行日記
カテゴリ
タグ
以前の記事
おともだちリンクおともだちリンク

新しい料理はこちらでUPしてます↓
スナップディッシュ

新館入口BlueberryCafe2

過去記事抜粋


手作りパン






















冬







































お世話になってる素材屋さんはこちら↓


まゆ工房



画像一覧